MENU

ながのアド・ビューロ

ながのアド・ビューロ

等身大の採用ページを
つくりました。

私たちが目指しているのは「伝わる仕事」。
一方通行の発信ではなく、伝えたい相手に伝えたいことがきちんと届く、そんな仕事です。
そのミッションを達成するには、優秀な人材が必要です。これは切実な願いです。
しかし、採用のミスマッチは不幸を生みます。入社する方々も、私たちも、お互いに。
だから、等身大の採用ページをつくりました。
もしかしたら少し背伸びをした表現があるかもしれません。
でも、採用ページに書いたからには、できるだけ早く現実にします。
皆さまの就職活動と私たちの採用活動がともに幸せなものになりますように。
そして、ご縁があれば、一緒に「伝わる仕事」をしましょう。

 

Question01社内の風通しはいいですか?

いいところ①

社内に壁がない社内に壁がない

自由にモノが言えないと、アイデアは枯渇しがちになります。
そもそも、いつも頭がフル回転だと、
壁をつくっている暇がありません。

good point

やりたいことを止められることはあまりない会社です。チャレンジスピリッツにあふれる人は充実した会社員生活が送れると思います。

but

ゼロからビジネスを組み立て、売上・利益をきちんと確保しなければいけません。また、全社の業績はボーナスなどに反映されます。

Interview01型にはめたくない上司 ×
型にはまりたくない部下

型にはめたくない上司×型にはまりたくない部下

営業局営業部長徳永勇一

飯綱町出身、亜細亜大学卒、1992年入社。「ポジティブさ」と「きめ細かさ」を併せ持つ社内屈指のモチベーター。

arw

私の仕事自慢

AC長野パルセイロ
マーケティング・ゲーム演出

  • パルセイロ
  • パルセイロ

J2を目指して(2018年現在)全国のクラブとしのぎを削るAC長野パルセイロ。そのゲーム演出やスポンサーを集める営業活動などで、クラブを陰で支えています。私たちの仕事が前に出ることはありませんが、黒子としてなくてはならない存在です。

営業局営業部上野悠香

飯山市出身、信州大学卒、2009年入社。2013年から産休に入り育休・時短勤務を経て、2017年完全復帰。エラーを厭わず、トライを続ける。

arw

私の仕事自慢

長野技能五輪・アビリンピック 2012
WAZACAN「出前講座」

  • パルセイロ

    信濃毎日新聞告知紙面

  • ◀ 信濃毎日新聞
    告知紙面

技能五輪・アビリンピック出場者や各職種のマイスターが小中学校で経験を語ったり実技指導などを行ったりして、ものづくりの楽しさや働くことの魅力を伝える授業を展開しました。足かけ3年、約3,000人の中高生に授業を届けました。

  • ずばり、風通しはいいですか?

    上野

    言いたいこと言えているとは思いますよ。泥臭い営業はやりたくない、とか徳永さんに言っちゃってますしね(笑)。やりたいことも、できないことも包み隠さず。

    徳永

    そういう言葉を個性としてとらえて、どうにかしてやろうという思いはある。悠香さんには、他の人が思いつかないような方法で稼いでくるだけのスキルやネットワークがあるから。まあ、悠香さんに限らず、どんな社員も型にはめたくはないけどね。個人の才能をできるだけ伸ばしてあげたいと思ってる。

    上司として壁をつくらないように気をつけていることは?

    徳永

    時代がどんどん変わってきているので、「今まではこうだった」ということに固執しないようにしているかな。

    上野

    トライ&エラーの繰り返しに、粘り強くOKを出してくれますよね。

    徳永

    答えがわからないのもあるよ(笑)。でも常に新しいことにチャレンジしていかなければいけない会社だから、個人個人のやり方を認めるところから始めるようにしている。

  • 上野

    私、上司にも同僚にも恵まれているんです。妊娠したときも、当時の上司から当たり前のように「仕事、続けるでしょ」と言われて。復帰時には、小さなノートPCを用意してもらったり。どこでも仕事しやすいようにって。

    徳永

    うちの部署に来たときも、悠香さんの働き方は管理セクションから現場に一任してもらった。きめ細かい対応をするには、近くで見ている上司に裁量があるほうがいいと思った。

    上野

    まだ小さい娘を連れて会社に来ることもよくあったけど、そんなことが当たり前にできたのも風通しのよさですよね。

    幸せな働き方、出来ていますか?

    上野

    仕事、子育て、家庭、プライベート、どれかだけだったら行き詰まってしまうかもしれない。でも、すべてこなさなければならないからこそ、心地よいバランスが取れているかもしれないですね。それも、伴走してくれる人がいるから。上司も同僚も。私、会社好きですよ。

    徳永

    部下のモチベーションを上げることが管理職の仕事のほとんど。それはうれしいね。

  • この仕事の魅力はなんでしょう?

    上野

    すごくわかりづらい仕事だと思うんです。自社の武器は何かと言われてもはっきりしない。ただ、クリエイターやメディアなど武器を持つ人たちをつなげて、何かを生み出すために“ 調整” するのが私たちの役割だと思います。

    徳永

    柔軟だけど芯が通っている必要がある。それって人間性が問われるんだけど、だからこそ仕事がうまくいったときは自信が持てるんじゃないかな。

    どんな人に入ってきてほしいですか?

    上野

    クライアント(お客様)や同僚と伴走しながら、今の自分に何ができるかな、同時に何がしたいかな、と常に考えられる人ですかね。

    徳永

    型にはめようとしないのが自分のやり方なので、部下の仕事の手法や手段については問わない。自分なりのやり方でOKです。どんな人というより、いま誰も持っていないような能力を伸ばしてあげるのが上司としての役割かな。

 

Question02仕事に飽きることはありますか?

いいところ②

昨日と同じ日が来ない昨日と同じ日が来ない

私たちは毎日、ゼロから何かを生み出しています。
仕事に疲れることはあっても、飽きることはありません。
ルーティンが苦手な人には向いているのではないでしょうか。

good point

クライアントの業種も、扱うサービスも多岐にわたります。数年で多くの知識と経験を身につけることができ、ビジネスマンとして成長できます。

but

ビジネスには、競争がつきもの。日々、新しい知識を増やし、ネットワークを広げていかないと、置いていかれてしまいます。

Interview02毎日が刺激的だから、成長も早い、はず。

毎日が刺激的だから、成長も早い、はず。

営業局営業部 兼
(株)電通デジタルネットワークス出向
近藤裕希

佐久市出身。筑波大学卒。2016年入社。中高大とバスケに打ち込む。しんどくても顔に出ないので損をするタイプ。

arwarw

私の仕事自慢

HAKUBA VALLEY Webプロモーション

  • HAKUBA VALLEY Webプロモーション
  • 当社で多言語サイトを制作。そのサイトを多くの人に見てもらうため、FacebookなどさまざまなWeb広告を配信しました。その他にも本社支社の枠を超え、県内各地のクライアントのWebプロモーションをサポート、コンサルティングしています。

  • 仕事の幅が広くて、大変じゃないですか?

    めちゃくちゃ大変ですよ。昨日と同じ仕事なんてないのに、リミットがある。そうは言っても、ルーティンが続くのは性格的に無理なので、これでよかったんだと自分に言い聞かせてます。

    大変な中でも、おもしろいと思うことは?

    営業部に籍を置きながら、Web広告を扱う関連会社に出向し、兼務しているのですが、忙しい一方でいいこともたくさんあります。地方ではこの分野のエキスパートがまだまだ少ないので、クライアントの期待度も高いと感じます。社内でも様々な先輩、同僚と一緒に仕事ができるので視野も広がりますね。

    入社3年目。他業界や他社の友人と比べたりする?

    大手企業に行った友人の待遇を聞いたりすると、うらやましいと思うことはなくもないです。でもこっちはこっちで毎日が刺激的なので、たぶんビジネスマンとしての成長も早い。はず。たぶん。

    どんなときに当社でよかったと感じますか?

    未知の世界に触れられることが一番ですね。クライアントと扱う商品の幅が広いということは、いつも新しいビジネスに触れている感覚があります。

  • 自分の時間は足りていますか?

    去年はある程度休みも取れていたんですが、今年はきついですね。手持ちの仕事によってまるで違います。とは言え、先週は強引に休みを取って韓国に行ってきました。自分のマネジメント次第で休みは取れるのでプライベートも充実させるために必死です(笑)。

 

Question03自社の影響力を感じることはありますか?

いいところ③

自社の仕事を見ない日がない自社の仕事を見ない日がない

長野県の広告業界ではリーディングカンパニーですから、
常に自社の仕事は多くの人の目に触れます。
ただ、私たちは黒子。広告はクライアントのものです。

good point

規模の大小問わず幅広い実績があるので、さまざまなクライアントから頼られる存在です。当社にしかできない仕事もたくさんあります。

but

業界を代表する会社だからこそ、看板に傷をつけるような仕事はできません。多くの人の目に触れる仕事ほど大きな責任が伴います。

Interview03「地方ならでは」×「抜群の総合力」。
だから仕事がおもしろい

毎日が刺激的だから、成長も早い、はず。

プランニング局
アカウントプランナー
平林拓也

松本市出身。新潟大学卒。1999年入社。3人娘の父。「何の発見もない仕事はない」との信条から、頼まれた仕事は断らない主義。

arwarw

私の仕事自慢

スギヨ ビタミンちくわCM制作

  • ビタミンちくわCM制作
  • 長野県民ならほとんどの人が知っている「ビタミンちくわ」。さらに愛される存在となるため、2017年に新しいCMを制作しましたが、その企画・ディレクションを担当しました。キャッチーなCMソングは老若男女に愛されています。

  • 当社でなければできなかったと思うことはありますか?

    オリンピック関連事業など、なかなか経験できない大規模な仕事もあります。一方で、次の日は小さな商店の仕事をしていたりする。規模だけでなく、クライアントの業種も本当に幅が広い。「地方ならでは」と「その中で抜群の総合力」。そこが、この会社ならではの仕事のおもしろさですね。

    19年目で聞くのもなんですが、正直、入ってよかったと思いますか?

    よかったですよ。単純に楽しい。最初に自分が考えた通りに仕事が進むことなんて稀なんですけど、クライ

    アント、クリエイター、営業、いろんな人が関わっているうちに、思いもよらない、いいものが出来たりする。その化学反応が楽しいです。それも、数をこなすと、そうした楽しい場面に立ち会うことがどんどん増えていくんですよ。

    プランナーとして仕事へのこだわりはありますか?

    仕事のやり方には特にこだわりがなくて、ケースバイケースで柔軟に対応しています。ただ仕事へのスタンスとしては、頼まれた仕事は一切断らないようにしています。特に後輩からのオファーは断りません。やってみて、何の発見もない仕事ってないんですよね。

  • 何かしら自分を成長させてくれる。

    忙しそうですが、休みは取れていますか?

    昔はなかなかアレでした(略)。でも、最近はきちんと休みも取れています。効率化できてきたり、周囲との信頼関係が築かれてきたりで、仕事にかかる時間は短縮されています。

    約20年、会社を見てきて、どんな人が向いていると思いますか?

    広告に興味さえあればいろんな人に来てほしいですね。外に出たがる人、静かに考えるタイプの人―。

    どんな人にもそれぞれに居場所がある会社なので。

ながのアドビューロって
どんな会社?

arw

ぶっちゃけ ぶっちゃけ

Q1仕事はおもしろいですか?

good point

仕事に拘束される時間は、生活の大きな割合を占めます。仕事が「おもしろい」ということは、人生も楽しいはず!

but

あまりに没頭すると、ライフ・ワークバランスが崩れてしまったりします。休養や休暇が良い仕事を生むこともあります。

  • 本気で笑って、怒って、
    泣いて、ドキドキして。
    そんな仕事です。
    だからおもしろい。

    営業局営業部増田健二

    千曲市出身、法政大学卒、2006年入社。プライベートでは職場の仲間とゴルフやサッカーに勤しむも、体形と性格は日々丸みを増し、ゆるキャラ化が進む。

  • 大事なのはコミュ力。
    今は自信がなくても、
    たくさん人と接する
    仕事だから
    磨かれていきます。

    営業局営業部 兼
    開発局デジタル・ビジネス室
    小林大輔

    長野市出身、東洋大学卒、2007年入社。見た目はナンパ、でも仕事にはストイック。「自分に負荷をかけると大きくなれる」がモットー。いつもクライアントと恋愛中。

  • 職場の雰囲気は
    自由です。
    来たれ、何でも
    楽しめる人、
    楽しそうなフリが
    できる人!

    上田支社 営業部山本三嶺

    長野市出身、大阪芸術大学卒、2008年入社。創造性と実直さの双方を併せ持つ、ユーティリティ営業マン。趣味はJリーグ観戦、仙台まで遠征することも。

  • Q2自慢できる仕事は
    ありますか?

    社内アンケート

    good point

    県内広告業界のリーディングカンパニーとして、大規模なイベントやプロモーションに携わることができます。

    but

    広告はクライアントのもの。広告人は黒子。いい仕事ができても、オープンに自慢できるかは状況次第です。

    自分のアイデアを
    カタチにするのは、
    楽しいだけじゃ
    ないけど、達成感も
    ひときわ!

    営業局営業部 兼
    プランニング局
    スポーツ・ビジネス室
    峰村いずみ

    長野市出身、中央大卒、2013年入社。オンもオフも、サプライズは全力で。陰で人を楽しませるプロを目指す。陸上で日本選手権入賞歴あり。足も速いが仕事も早い。

  • Q3将来の夢はありますか?

    社内アンケート

    good point

    さまざまな壁にぶつかり、夢を忘れがちな会社員。なのに、7割の社員が夢を持ち続けられる会社ってすごくないですか?

    but

    いくつになっても現実が見えていない人が多い…、なんていうことではないと信じます! 広告にはロマンがある!

    社員一人ひとりの
    夢をかなえられる
    会社にしたい。
    それが私の夢です。

    営業局長中塚克実

    高森町出身、立教大卒、1990年入社。営業部門を束ねるが、表情が業績に左右されい。「部下を信じて天命を待つ」が信条。あらゆるハラスメントと縁遠い。

  • Q4チームワークで仕事を
    進めていますか?

    社内アンケート

    good point

    チームワークのよさは風通しがいい会社ならではの強み。チームで何かを成し遂げたときのうれしさは格別です。

    but

    一人で出来ることは限られているのが、この仕事。すべて自分でやろうとしたり、他人を信頼できない人は苦しいかも。

    いい意味で
    真面目すぎない人が
    向いている
    かもしれません。
    やる気次第で
    何でもできます。

    営業局営業部 兼
    プランニング局
    スポーツ・ビジネス室
    三村拓人

    長野市出身、青山学院大学卒、2009年入社。小中高大とアイスホッケーに熱中。おかげでヘビーな仕事が降ってくる星の下、飄々とくぐり抜けるタフさが育まれた。

仕事実績

  • スポーツプロモーション

    スポーツプロモーション長野マラソン運営・広報・PR

    全国有数の人気を誇る長野マラソンの設営およびポスター、募集チラシ、大会プログラム、WEBサイト、イメージムービーの制作など広報・PR業務の企画・制作などを担当しています。

  • イベント・メディア複合プロモーション

    イベント・メディア複合プロモーション長野オリンピック・パラリンピック20周年事業

    長野五輪20周年を記念した式典の演出・運営、イベント当日の新聞広告の企画・制作、またアイスホッケー女子日本代表の壮行試合の運営といった一連の事業で、多くの人にオリンピックレガシーを伝えました。

  • 観光プロモーション

    観光プロモーション信州まつもと空港国際化推進業務

    「信州まつもと空港」の国際化に向け、海外の旅行会社や航空会社に対し、就航誘致を働き掛けるためのPRツール(ポスター、パンフレット、動画)を制作。それぞれ英語、中国語、台湾語、韓国語へ多言語化しました。

  • メディアプロモーション

    メディアプロモーション八幡屋礒五郎テレビCM

    江戸時代から続く老舗でありながら、あくまで食卓の名脇役として、合わせる料理や素材の美味しさを引き立てるための商品を作り続ける企業姿勢をCMにしました。ACC賞、ACC地域ファイナリスト他受賞。

  • コンベンション

    コンベンション諏訪圏工業メッセ

    諏訪地域6市町村の製造業社が一堂に会する「諏訪圏工業メッセ」は、地方都市としては国内最大級の工業専門展示会。2018年で17回目を開催しました。当社は企画・広報・設営全般に関わってきました。

  • 観光プロモーション

    観光プロモーション第14回上田城千本桜まつり・第35回上田真田まつり広報・運営

    イベント全体の企画から、設営、運営までを請け負いました。大河ドラマの影響で上田市および真田氏が大きな注目を集めている時期のイベントだったため、幅広く県内外へ広報PRし、多くの来場者を集めることができました。

会社情報

主な出資企業

県内各メディアと電通が出資しています。信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、長野エフエム放送、電通

事業内容

業務の範囲は広く、様々な領域をフォローしています。

マーケティング 市場動向調査・商品モニター調査・キャンペーン(販売促進・観光誘客・採用促進)

マスメディア 新聞広告・テレビCM・ラジオCM・雑誌広告・メディアプランニング・番組プランニングとプロデュース・パブリシティ

セールスプロモーション ポスター・パンフレット・チラシ・POP・DM・PR誌・PRビデオ

コーポレートコミュニケーション CI・VI・ブランディング・コミュニティアイデンティティ

イベントプロモーション スポーツ・地域活性・コンベンション・展示会・博覧会・講演会・シンポジウム

デジタルコミュニケーション インターネット広告・ホームページ・デジタルコンテンツ・インターネットビジネスのコンサルティングとプロデュース

サインプロモーション 屋外広告・交通広告・屋外メディア開発・コミュニケーションスペースの設計・施工

会社概要 創業 昭和55年10月1日
資本金 4,300万円
代表者 古川哲夫
従業員数 78名
平均年齢 42.7歳
売上高 51.7億(平成29年度)
主要取引先 県内企業各社、長野県ほか各市町村、各種公共機関・団体など数百社。
主な取り扱いメディア 〈県内〉信濃毎日新聞社、信越放送 、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、
長野エフエム放送、週刊長野、週刊上田、MGプレス
〈県外〉電通との業務提携により全国各新聞、民放テレビ・ラジオ、および世界各国メディア
沿革 昭和55年1月1日 ㈱信毎案内広告社として、長野・松本で広告活動を開始
昭和55年10月1日 総合広告会社ながのアド・ビューロとして創業
昭和57年3月 上田支局を開設
昭和58年6月 諏訪支局を開設
昭和61年10月 上田支局を支社に昇格
昭和61年10月 諏訪支局を拡充移転
平成元年7月 佐久支局を開設
平成4年4月 諏訪支局を支社に昇格
平成10年 長野本社を新築移転
平成13年 佐久支局を拡充移転
平成14年 佐久支局を支社に昇格
平成21年 諏訪支社を拡充移転
「ACC 全日本CMフェスティバル」「信毎広告賞」「全国観光ポスター展」「消費者のためになる広告コンクール」「日本DM大賞」など多数受賞。

採用情報

募集要項 募集職種 企画営業・プランナー(プロモーション、クリエイティブ等)・総務等
※転勤等あり ※様々な職種を経験していただく可能性があります
応募資格 2020年3月卒業見込みの方(既卒者も可)
募集人数 若干名
採用実績 採用人数 2名(平成30年入社)
初任給 大学卒業215,120円(諸手当込・平成30年実績平均)
昇 給 年1回(4月)
賞 与 年2回(6月・12月)
勤務地 長野・松本・上田・諏訪・佐久
勤務時間 9:00 ~ 18:00(昼休1時間・残業あり)
休 日 土日曜・祝日・年末年始(以上振替有)、年次有給休暇 、特別休暇
福利厚生 組合健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険、退職金制度、生命保険、社員親睦団体「広和会」
採用実績校 信州大、筑波大、新潟大、千葉大、同志社大、明学大、明治大、中央大、立教大、早稲田大、慶応大、日本大、法政大、武蔵美大、神奈川大、上智大、成城大、青学大、東京造形大、専修大、東洋大、東京経済大、亜細亜大、大阪芸術大ほか
応募方法 エントリー
下記申し込みフォームより、エントリーをお願いします。
応募について詳細な情報をご連絡します。
エントリー受付は終了しました。
書類応募(5月10日(金)必着)
書類選考
第一次面接
筆記試験・作文・役員面接
内定

エントリー

2020年度新卒者採用エントリーは終了しました。

PAGETOP